サロペットの女性

吉原へ行こう!

ベンチに座っている女性

江戸時代には遊郭が設置され、戦後しばらくは「赤線地帯」という名称でも呼ばれていた吉原は、現代はソープ街となっています(遊郭は現代の位置とは別の場所にあったようですが…)。つまり歴史ある「遊びの街」として、400年もの長きにわたって吉原は男性の憧れであり、今もそのような街であり続けているのです。歴史ある街としてのプライドを持つ吉原には、今でも、ほかの風俗街ではちょっと考えられないような手厚いサービスを受けることができます。たとえば都内の駅で待っていると吉原のほうから豪華なクルマがやってきて、載せてくれて、連れて行ってくれる、そんなサービスがあります。送迎車を出してくれているわけです。吉原は女性や子供が誤って迷い込んだりしないよう、意図的にちょっと入り組んだ道をつくって工夫しているという説もあります。初めて東京に行って、吉原に行こうとして迷子になってしまう…そんな男性もいるわけです。
「方向音痴だし、ちょっと不安だな」という人は、吉原のお店の中でも特に送迎車を出してくれるような高級店を選ぶと良いでしょう。
もちろん、歴史ある街としてのプライドを持つソープ街の味わいは、そこでお相手を願える女性の質の高さという点にもあらわれています。吉原の高級ソープで働ける女性は限られており容姿、テクニックともに優れている女性がキャスティングされています。店頭のパネルや、お店のホームページに載っているプロフィール写真などをみても、それは明らかでしょう。じっくり見て、この人だ!という女性を選んで、至福のひとときを過ごしましょう。

PCを使っている女性

こだわって探そう

とにかく「上質な女性」には事欠くことがない日本を代表する遊びの街である吉原では、さまざまなソープでいろんな条件にこだわってお相手をしてくれる女性を選ぶことができます。

窓から顔をだす女性

記事一覧

「いざ高級ソープの街へ!全国のソープ街で楽しく遊ぼう」の記事一覧です。